未来食~雑穀

美肌効果がかなり期待ができるという雑穀

 

大地の生命力の結晶といっても過言ではない!?雑穀料理はアルカリ性食品が主な材料なので、アルカリ性の血液をつくってくれる。体が必要している栄養がほとんどそろっている為、健康な細胞がつくられて、ハリのあるきれいなお肌が期待できます。

 36

雑穀にはまだまだ沢山のパワーがあって、体をあたためてくれたり、腸を元気にしてくれたり・・・・・。雑穀は食物繊維が豊富なので、腸が元気になります。そして消化吸収が高まり、排泄もスムーズ!体内の大掃除をしてくれます。なのでデドックスにもってこい!細胞レベルまで期待ができるかも~~~~♪

 

それに雑穀って以外に食べやすく、満足感が高い。チーズの代わりにもちきびを使ったり、たらこの代わりにアマランサスを使ったり。雑穀は穀物の仲間なのに挽肉や卵、チーズやミルクやお魚のような風味と食感を持ってます。いろんな代用も出来て、我慢せずに、美味しいものを食べて体も心も満足するという優等生なのです。

 

栄養満点!!雑穀食べていつまでも若くきれいでいたいですね!

 

雑穀の種類と代用。

高きび☆挽肉の代わりに

もちあわ☆チーズの代わりに

うるちあわ☆チキンの代わりに

ヒエ☆白身魚の代わりに

もちキビ☆卵の代わりに

粒そば☆ブタ肉の代わりに

キヌア☆キャビアの代わりに

アマランサス☆たらこの代わりに

 

私はもちキビとアマランサスが大好きかな~♪アマランサス炊いて、梅酢で味付けしたらこ風味で美味しいんです♪作り方さえ慣れれば、どんなお料理にも使いこなせて便利なんです。

 

もちきびの炊き方

もちきび・・・①カップ

水・・・②カップ

自然塩・・・小さじ1/4

 

もちキビは洗って目の細かいざるにあげ、水を切る.鍋に分量の水を入れて、沸騰したら塩ともちキビを入れて木べらでよくかき混ぜながら強火で煮る。もったりとしてなべ底が見えてきたら蓋をして弱火で15分炊く。炊き上がったら火からおろして10分蒸らし、木べらでさっくり混ぜて風をいれる~。玄米の上に炊き上がったもちキビかけて、少し醤油をたらすだけでもとっても美味しい!!