食でアンチエイジング☆

発酵食品で免疫力アップ!

 

免疫力を高めるためには腸内環境を整えることと、自律神経のうち副交感神経の働きを優位にすること!!腸内環境をよくすると免疫力はグンとあがります。出来れば毎日摂取できるほうが効果がみえやすいですね。

 

発酵食品の摂取によって腸内環境が整うと便通がよくなり体の中の老廃物が出る。その結果さらに免疫力が高くなる。万能食品である発酵食品。日本ではお味噌や納豆、醤油やお漬物。どれも日本の食卓になくてはならないものですね。そう、日本は発酵食文化なんですね~。

 

発酵食品はとても栄養価が高くて、発酵過程でつくられた栄養成分が食品の中に蓄積されるため、アミノ酸、ミネラル、ビタミン類が豊富で体内に吸収されやすいのです。さらに保存性もあって、発酵菌の働きで旨みも増すというなんとも素敵なことに(笑)

 

私は普段から積極的に発酵食品を摂取するように心がけてます。というか発酵食品はとっても美味しいので好きなんです。だから無理せず摂取できるのでとっても楽ですね。
とくに寒い時期、お味噌汁を飲むと幸せ~~~~だったり、昔はなぜか嫌いだった酒かすが今はとっても大好きで、酒かすを使っていろんなお料理をしています。もちろん子供達にも丈夫な体をつくってあげたいので、出来るだけ子供が食べやすい形で食卓に並べています。

 

特に酒かすは使い方しだいでどんなお料理にもとっても美味しく生かせるのです。我が家では、ホワイトシチューのかわりに、クッキーにいれたり、パンの酵母につかったり、アイスクリームにしてみたり。クリームパスタに使ったりと、普通だったら牛乳や卵、生クリームをたっぷり使うお料理にも対応できるんです。酒かすはできるだけ醸造アルコールの入ってないものを選びます。その方が本来の酒かすパワーが高いのです!

 

酒かすに同量の水をまぜ、1パーセントの塩を入れ弱火で混ぜます。沸騰しないように。そして冷めたら冷蔵庫で1週間はもつそうです。それをお料理の隠し味に使ったり、薄力粉に混ぜクッキーにしてみたり。豆乳と混ぜてクリームソースを作ってみたり。とっても簡単なんです!そしてとっても美味しいんです!是非一度試していてください。手軽なアンチエイジング☆これからもどんどん楽しみながら続けていきたいですね~~~~!

ちなみに酒粕はココで良く買っています!!

2014y02m13d_172354046

自然派きくち村

 

 

美肌効果がかなり期待ができるという雑穀

 

大地の生命力の結晶といっても過言ではない!?雑穀料理はアルカリ性食品が主な材料なので、アルカリ性の血液をつくってくれる。体が必要している栄養がほとんどそろっている為、健康な細胞がつくられて、ハリのあるきれいなお肌が期待できます。

 36

雑穀にはまだまだ沢山のパワーがあって、体をあたためてくれたり、腸を元気にしてくれたり・・・・・。雑穀は食物繊維が豊富なので、腸が元気になります。そして消化吸収が高まり、排泄もスムーズ!体内の大掃除をしてくれます。なのでデドックスにもってこい!細胞レベルまで期待ができるかも~~~~♪

 

それに雑穀って以外に食べやすく、満足感が高い。チーズの代わりにもちきびを使ったり、たらこの代わりにアマランサスを使ったり。雑穀は穀物の仲間なのに挽肉や卵、チーズやミルクやお魚のような風味と食感を持ってます。いろんな代用も出来て、我慢せずに、美味しいものを食べて体も心も満足するという優等生なのです。

 

栄養満点!!雑穀食べていつまでも若くきれいでいたいですね!

 

雑穀の種類と代用。

高きび☆挽肉の代わりに

もちあわ☆チーズの代わりに

うるちあわ☆チキンの代わりに

ヒエ☆白身魚の代わりに

もちキビ☆卵の代わりに

粒そば☆ブタ肉の代わりに

キヌア☆キャビアの代わりに

アマランサス☆たらこの代わりに

 

私はもちキビとアマランサスが大好きかな~♪アマランサス炊いて、梅酢で味付けしたらこ風味で美味しいんです♪作り方さえ慣れれば、どんなお料理にも使いこなせて便利なんです。

 

もちきびの炊き方

もちきび・・・①カップ

水・・・②カップ

自然塩・・・小さじ1/4

 

もちキビは洗って目の細かいざるにあげ、水を切る.鍋に分量の水を入れて、沸騰したら塩ともちキビを入れて木べらでよくかき混ぜながら強火で煮る。もったりとしてなべ底が見えてきたら蓋をして弱火で15分炊く。炊き上がったら火からおろして10分蒸らし、木べらでさっくり混ぜて風をいれる~。玄米の上に炊き上がったもちキビかけて、少し醤油をたらすだけでもとっても美味しい!!